省エネから創エネまで総合エネルギー企業 館林液化ガス株式会社

緊急のとき、災害時の対策

もしもガスがもれたら!

「ガスのニオイに気づいたら」「ガスもれ警報器がなったら」
火気は絶対に使用しないで
●室内の火は全部消して下さい ●コンセントやスイッチにふれないでください。
火花がでて着火するおそれがあります。


ガスを外に追い出して
●戸や窓を大きく開けてください ●すべてのガス栓、ガス器具栓を閉めてください ●容器バルブも閉めてください


LPガス販売店に連絡してください
●連絡の際は氏名・住所・状況などをお知らせください
●LPガス販売店または保安機関の点検を受けるまでガスは使わないでください
※万が一、LPガスによる災害が発生した場合にも連絡してください。



災害時の対策は・・・

容器バルブを閉め、消防署員又は消火にあたる人に容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。 ガス栓、器具栓を閉め(火を全て消し)、二次災害防止のため、揺れが大きいときは、おさまった後で屋外の容器バルブも閉めてください。 容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。

※電気のブレーカーもおとしてください。
※異常があった場合は至急、LPガス販売店または保安機関へ氏名・住所・状況などをお知らせください。
※再びガスを使うときは、必ずLPガス販売店または保安機関の点検を受けてからお使いください。



特に雪の多い地方の対策

●雪囲いや容器収納庫の設置
雪により容器がつまったり、屋根からの落雪で調整器や配管メータなどがこわれる
おそれがあるため、雪囲いや容器収納庫を設置してください。
なお、雪囲いや容器収納庫のまわりは除雪してください
●排気筒(煙突)の補強
排気筒(煙突)は丈夫な支柱で補強してください。
●雪おろし
雪おろしの際は、ガス設備に損害を与えないように十分注意してください

容器バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。
容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

マイコンメータの復帰方法

復帰ボタンを押してすぐ離す。そして、約1分待つ。
※ボタンにキャップのあるタイプもあります。
※ガス栓・器具栓を全て閉めて復帰ボタンを押してください。
赤いランプと液晶が点滅します。
ガスもれがないかマイコンメータが安全確認を行いますので、約1分お待ちください。
異常がなければ、赤いランプの点滅と液晶の文字が消えます。
これで復帰完了となりますので、開栓してお使いください。
(復帰しない場合は、復帰を繰り返さずLPガス販売店にご連絡し、点検を受けてください)

災害に強いLPガス

これまでの地震などの大規模な災害時において、どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。
その中でLPガスは復旧の早さや避難所などにすぐに対応してきたことなどから、多くの人々の暮らしに安心しをもたらしました。このようにLPガスは「災害に強い」ことが実証されています。



当サイトの画像及びコンテンツの無断使用を禁じます。